野村のブログ

更新日:5 日前

FCVのホームページが新しくなってから初めて、野村が思いを綴ります。

1年半ぶりくらいです(笑)


最近野村は何してるの?と聞かれます。職業変えた?くらいの勢いで(笑)

2003年に脱サラして、サッカー業界に入ったのでもう職業変えれませんね(笑)


正直、下の写真くらい猛スピードで走っているつもりです。photo by KEN

上の写真のような風景に恋焦がれる思いがあります。

GOLD BOYSを毎週末観れない寂しさはありますね。

親さんの言葉を借りれば、カンテラ育ちもカンテラ以外も可愛くて仕方ない75名がFCVジュニアユースにはいてくれます。


ご存じの方も多くなったと思いますが、今年の野村は中学U15の監督をOBにお願いしてます。

今年のU15スタッフは常々信頼を置いていたOB3期生の篠原監督、鳥羽GKコーチに、OB11期生の續葛アシスタントコーチです。


今日のナイターは坂戸グランドが使えないものの、KYBスタジアムがとれてトレーニング出来ました。

U15を篠原監督+續葛コーチ、U14を小林担当コーチ+澤野航太コーチ(6期生OB)+渡辺友陽コーチ(11期生OB)、U13を柴田担当コーチ+松田コーチ(美濃加茂高校ヘッドコーチ)+河田直也コーチ(9期生OB)、GKを鳥羽コーチと、質、量ともに胸を張れる指導スタッフで観ています。※火曜には明山歩夢コーチ(12期生)も参加してくれている


今のナイターの野村は、全体を観ることが出来ます。以前でしたらU15のみに集中し周りが観えない状況だったと思います。

しかし今は全体が観えることで、たくさんの選手の状態を観て、そのことを担当コーチやアシスタントコーチと話すことが出来ます。


前述のように寂しさは当然あるものの、今まで観ることが出来なかった風景と、話すことが出来なかった会話を楽しみ、より個人にフォーカスした内容の会話が出来ています。


今晩は、スタッフミーティングの後に、篠原監督と鳥羽GKコーチと、U15の現在はスタメンではない選手の会話で、施設の方から早く帰ってくれと言われるまで話し込んでいました。すべてポジティブな内容で。去年まで3人で話していた内容を、今は立場は違えど、3人が真剣に選手の未来について語ることができ、大変幸せな時間を過ごせました。


今年野村が全力で取り組んでいるのは、美濃加茂高校の指導スタッフになり2nd+3rdチームを河田コーチと一緒に観ています。浜口監督そして松田ヘッドコーチと美濃加茂高校サッカー部を創りあげていく日々を過ごしています。

毎日のように高校生を指導するのは、2006年の可児高校以来ですね。3rdチームの指導が多いですが、選手のやる気が高く清々しい思いでサッカー指導させてもらってます。


また、SNSでガッツリPRしてますが(見てない?みてみて☺)、今年から可児市教育委員会後援を受けて、【可児市スポーツ大好きプロジェクト】を立ち上げて、スポーツ教室のコーディネーターをしています。

毎週土日のどちらかで、毎週違ったスポーツを楽しむことを、可児市小学1~3年生34名と取り組んでいます。


目的は2つ。

①コロナ禍に負けない運動機会の提供

②様々なスポーツの楽しさや、多くのスポーツから身体操作術を低年齢で学ぶこと


お陰様で34名も参加してくれて、野村自身知らなかった他スポーツの良さ、楽しさを知る機会になっています。


可児市をスポーツで元気に盛り上げていく役割がFCVにはあると信じて活動しています。


慣れないことも多く、上手くいかずに考えることもありますが、大変前向きなチャレンジをしている毎日を過ごさせていただいてます。


今後も地域のスポーツ文化の発展の為に、スポーツで地域に貢献する為に、いい報告をしていきたいです。